WORK

私、WEB屋ですから

赤パンラガー2年生になりました。今年は試合でガンガン当たってビシビシ走りたいのです。そんな訳で毎週土曜日の練習、週初めのリハビリ治療、平日の午前中の近くの河川敷の緑地のランニングと結構忙しくなって来ました。
 
でもやっぱ私は電脳爺ィですから、WEB屋の方もコツコツと頑張りますよ。

HTML、CSS、 JavaScriptとWEB開発の基礎のところは押さえたのでこれからは自サイト(gengen33.com とakapan33.com)の分析もよく考慮して自分の強みを伸ばしていこうと思っています。

赤パン33ドットコムを再構築

Googleの複数アカウント無料で作れる” ということをつい最近知りました。現在ドメインを取得して運営している “gengen33.com” と “akapan33.com” も別々に解析できますよね。

そこで “赤パン33ドットコム” を “Gengen33ドットコム” から分離して専用サーバに移転して、Google アナリティクスも再設定しました。

それから、FBの新しいページを作ったり、note で紹介記事書いたり、解説書読んだりして色々と画策ちうです。

赤パン33ドットコムの FaceBook のページ

note の赤パン33ドットコムの紹介記事

スゲ〜楽しくなってきましたよぉ。

ゲームは動かせるようになって来ましたよ。

昨年の夏あたりから Androidアプリ関連の書籍を入手してコツコツポツポツとパソコンのキーボードを叩いています。

書籍にあるゲーム類のサンプルプログラムは入力してプログラムの動きを理解することができるようになりました。

今はみんなスマホを持っているから、此処から発展させて試合会場や練習するグランドの地図を表示させたり草ラグビーのチームのメンバーで使える連絡メモなんかのアプリを作りたいですねぇ。

Androidアプリの基本のところは押さえたんで今度は iPhoneアプリのお勉強にも着手したいものです。

朝が来ない、、

BOOKの方で紹介しておりますが、Androidアプリの入門書を読みまして MacBookPro に開発環境を仕込みポツポツとKotlin と Android Studio をいぢっておみくじアプリをサラッと作れて Android のタブレットにこのおみくじアプリを入れることができました。

これはいいやと2冊ほど Androidアプリ開発の本を入手しまして空いた時間に MacBookPro に向かっているのです。いざ着手してみたらなかなか思うようにいかないで、また七転八倒が始まってしまいました。

はじめにやってみたのは3ヶ国語で朝、昼、夜の挨拶を表示するアプリなんですがなんか日本語で “朝” がやってこないんですよね。

まあこの2冊で合わせて10数種類のサンプルアプリが掲載されていますのでコケたら次のアプリに手を付けてひとまわりかふたまわりくらいすれば自分でオリジナルのアプリを作れそうで、なんかもうワクワクしてきましたよ。

明けない夜はない。必ず朝はやって来るのだ。(ですよね〜)

七転八倒リスト 190710

前回に七転八倒リストを更新してから11ヶ月も経っておりました。

WINマシンが突如起動不可になりました。 Windows はタブレットPCのみになりまして現在はもっぱら MacBook Pro を使っています。

HTML5 のお勉強でAPIからデータを引っ張ってくるWEBアプリ開発を始めそれと並行して Andriodアプリ開発を意識して Java に手をつけたところで、最近は Andriodアプリ開発では Kotlin が中心言語になりつつあることを知りました。Kotlin は Java と相互運用性があるということですからこのKotlin で Android Studio を動かしてアプリを色々と作っていこうかなと思っています。

それから七夕の日に WordPress で運営している草ラグビーのサイトをリニューアルしましてサイドバーのプロフィール欄は自分でカスタマイズできそうですからこれもやることにします。

前回のリストの項目は影も形もなくなっていますねぇ。今回はこの2点を重点的にリストを作ることにします。

いつも間にかに机の上は本の山、、
  1. Kindle本の「速習 Kotlin 」を読み Kotlin を習得する。
  2. Androidアプリ関連の本を読みAndroid Studio を使ってアプリを作る。
  3. WordPress のサイドバーの見栄えを良くする。

ドットインストールでAWS Cloud9をお勉強

このところMacbookの開発環境作りに苦戦しております。

今日は視点を変えてドットインストールでAWS Cloud9入門というレッスンをやってみました。

登録から初期設定に進み、それからSQLやPHPやPythonのバージョンアップをして最後にRailsを動かして簡単なメモアプリを作るところまで詳しく解説してあります。

私は今年の初めに書籍やWEB記事を見ながらWINマシンでRailsを動かして簡単なブログアプリが作れるようになりました。最近は専らMacbookを使っているのでこちらでDeckerやらGitなどを導入して、そのついでにRailsを動かそうとしていたらUNIX系の簡単なコマンドもよく知らないので物凄く苦労していたのです。

2日間でザッと一通りやり設定ファイルの編集もサクッとできるようになりRailsで簡単なメモアプリも作れるようになりました。

またこれからMacbookの開発環境作りに励もうと思ってますが、いいトレーニングになったと思います。


gengen33ドットコムのSSL化

来年から “WEBサイト作成” のセミナーをやろうなどと大それたことを画策しております。しかしながら自分のサイト(gengen33ドットコム)のSSL化を途中で放置しておりまする。燈台下暗し。セミナーよりもまずはここからですよね。

そこでとにかく着手しました。TOPページはCSSや画像やJSのスクリプトの引用先を上から順に https://に手作業で変換していけばすぐに作業は終了です。そして3本柱(HTML5、草ラグビー、いいモノ)の情報をwordpressを使って発信しておりますが、このwordpressは画像や内部リンクの参照先のURLを https:// に全て変換するのでとても厄介な作業になってしまいます。

そんなわけで、”wordpressのssl化” で検索してみました。プラグインを使えば比較的楽に対応できるようなので即座にそれを実行しました。まずはプラグインの “Search Regex” を wordpress のダッシュボードでインストールして有効化します。

デフォルトのままで “Serch pattern” に http:// を “Replace pattern” に https:// を記入します。”Seach” をクリックすると置換内容がずらずらと表示されます。

これで “Replace&Save” をクリックすると作業終了なのです。

比較的さっくりと作業はおわりましたが、このgengen33ドットコムのTOPページを “WEBサイト作成” のセミナーの教材にするつもりでおりますのでこのページをもっとシンプルで見やすいものにしてテキストも作らなくてはなりません。まだまだやることはたくさんあって結構忙しいかもしれません。

でもやっぱ楽しいなぁ。


七転八倒リスト 180809

七転八倒リスト180331

  1. Azureを使ってSQLサーバーを立てて1行掲示板を作る
  2. HerokuでtDiaryをデプロイして以前の日記データーを移植する
  3. Monacaで足跡マップを作る
  4. javaScriptのゲームをPythonに移植する
  5. クラッシュしたMacbook Pro を直す
  6. セミナー(WEBチョー入門)のテキストにHTML5検定の内容を盛り込む
  7. GitHubを使いこなす
  8. FlashAir ⇒ Arduino に着手する

前回作成した七転八倒リストでは5と7の項目が取り敢えず解決しております。あれから5ヶ月近く過ぎましたのでリストを作り直すことにしました。

5のMacbook Proは何度やっても再インストールできませんでしたので放置して代わりにWINマシンで色々とやっておりました。その環境でRuby on Railsの簡単なアプリの作成やPythonの基礎をみっちりやることができました。6月下旬にネット回線をケーブルTVから個別の光回線に変更したらすんなりMacbook Proも再インストールできてしまいました。今はMacOSにもっと慣れるようにターミナルでコマンドを必死に叩いております。

7のGitHubは関連するWEB記事を読んだりSCHOOの授業の動画をみて、基本をしっかりと押さえて、WINマシンとMacbook ProにGitHub Desktopを導入しました。ですからgengen33ドットコムのTOPページやラグビーボールを追いかけて等々のスクリプトはバージョン管理が可能になっております。

そんな訳で2つ項目を新たに追加して優先順位を考慮して新しくリストを作成しました。

七転八倒リスト180809

  1. Macbook Pro のターミナルを使い熟す。
  2. JavaScriptのゲームをPythonに移植する。
  3. Djangoで簡単なアプリを作る。
  4. セミナー(WEBサイトチョー入門)にHTML検定の内容を盛り込む。
  5. Azureを使って1行掲示板を作る。
  6. Monacaで足跡マップを作る。
  7. HerokuでtDiaryをデプロイして以前の日記データを復旧する。
  8. FlashAir⇨ Arduinoに着手する。

1番目にはやはりメインで使い出したMacbook Proのターミナルでコマンドを叩きまくってファイル操作やvimエディタの使用、Homebrewによるパッケージ管理、システム管理、SSHでのファイル転送、Apacheを使ったWebサーバの立ち上げまでを一気に出来るようにします。

今まで勉強してきたJavaScriptと新しくお勉強を始めたPythonは同じスクリプト言語ですから、同時に勉強していけばプログラミングで出来ることが一気に増えそうです。Pythonに関しましてはゲームからのアプローチとWEBアプリのDjangoからのアプローチとじっくりと高等数学を勉強し直してのデータサイエンティストからのアプローチの3通りを考えております。

3つのアプローチの中で最後のデータサイエンティストはお楽しみに残しておいて、先ずはJavaScriptのゲームのプログラムをPythonに移植した書籍が手元にありますのでこのコードを叩いてみようと思います。そしてMacbook Proのターミナルのコマンド叩きと並行してDjangoで簡単なWEBアプリを作りろうと思います。

それから年の初めにWEB関連の勉強会を自分で開催することを想定し(WEBサイトチョー入門)のテキストを作成したのですが、これにHTML5検定の内容を盛り込んで受検対策にもなるような物にしたいと思っています。

その次はAzure、heroku、Monacaの放置グループですね。そして最後はIotがらみでFlashAirですかねぇ。

結局はいつでも七転八倒&&四苦八苦だわ、、

ジャンプの次は?

4年前の夏に自分のホームページをスマホで見れるようにしたくて、HTML5のセミナーを受講してお勉強を始めましたが、実はその時にもう1つのセミナーも受講しました。私は今でもここのプログラミング関連の記事を度々Facebookでシェアしております。

渋谷で行われたそのもう一つのセミナーの参加者は大学院に行っている愚息と同年代の方ばかりで就活の説明会に場違いなヘンな爺ィが一人紛れ込んでいるような感じでした。しかし代表の方のお話は大変興味深く、ホップでHTMLとCSSーー>ステップでJavaScriptーー>ジャンプでRubyを学ぶというものでした。そのセミナーを受講した時に時間とお金に余裕があればそのメソッドのマンツウマンの指導を受けたのですが、当時は(未だにですが、、)ライスワークに励んでいてそれどころではなかったので自分で時間を確保して、七転八倒しながらWEBのお勉強を始めたのです。

時は流れ、HTML5プロフェショナル試験のレベル1を取得してホップ(HTMLとCSS)をHTML5プロフェショナル試験のレベル2を取得してステップ(JavaScropt)をクリアーし、自分のノートPCでGITのバージョン管理を始めて、 書籍やWEB記事を参考にしてRuby on Railsで簡単な日記アプリ等を作りそのWEBアプリをカスタマイズ出来るようになりましたのでジャンプ(Ruby)も制覇した模様です。

ジャンプの次は何なんでしょうか?チャンピオンかな、キングかな。それともサンデー&マガジン??
といった感じでFacebookに投稿しましたらこんなやりとりが続きました。

Facebookのほうでは、ジャンプとジャンゴ(Django)というPythonのWEBアプリケーションフレームワークをかけて親爺ィギャグ風に終わらせておりますが、私もいよいよ次のステージに進む時がきたようですよね。HTML5の楽しさを多くの人に伝えることをもっとアクティブにもっとポジティブに続けていこうと思います。


だみだこりゃ(これは dummy です)

WordPressを使うとレスポンシブで見栄えのいいサイトがサクッとできます。私の場合はひと通り HTML5 のお勉強をして HTML5プロフェショナル認定資格レベル2HTML5スペシャリストといった資格も取得しましたし、週末に “HTML5を使ったWEBサイト作成の勉強会” のようなものをやってみようと思っています。

そこで HTML5や草ラグビーやブログのサイトは WordPress を使っていますが、gengen33ドットコムのTOPページは真っ白なキャンバスに今まで勉強してきたことを盛り込んだモノにしているのです。


gengen33ドットコム

少し前に HTML5のカリスマ先生のなかしまぁ師匠にお会いした時に Git を勧められました。私は兎に角突っ込む明るく素直でポジティブな性分なもので即座に検索して関連記事を読んだり SCHOO の授業を受けたりしました。最近はGUIツールも充実してきて Git も随分と使いやすくなってるようで、今更ながら私もgengen33ドットコムのTOPページの開発版の dummy を Gitで管理することにしました。

先ずはタイトルの画像を少し変えて header に入れてみました。

だみだこりゃ、、ナビリンクがタイトルの中に埋まってしまいました。そこでタイトルの部分を新しくsection を作ってナビリンクと分離してみました。

再びだみだこりゃ、、タイトルの画像を小さくしリピートして一つの塊にするアイデアはよかったのですがナビリンクと分離すると間延びしてだらけけてしまいましたよね。

こんな風にいつもドタバタと七転八倒しているので作業フォルダは日付を付加してリネームしたファイルでいっぱいになり、いつもどこまで直したかわからなくなり、ぼんくらな頭の中が余計に混乱しておりました。今回 GitHub Desktop を導入したので作業フォルダー( dummy )がスッキリしました。それにGitHub Desktop の画面は見やすくて画像の差分も表示されるのです。

このGitHub Desktop はコマンドを叩かなても直感的に作業が出来てお勧めなモノだと思います。

私はサイト上部のナビリンクをパソコン画面でもスマホ画面でも animation を使って折りたたむアコーディオン方式(ハンバーガーメニュー)に統一しようと思っています。あと何回かだみだこりゃ、、 とつぶやけばもう少し見栄えのいいサイトができるのだと思っております。