ちょっといいモノ

ちょっとウンチク、ちょっとこだわる

家内と娘のお土産(京都編 Part2)

   

お菓子は餡入りの八ツ橋をリクエストしておりました。

それ以外にも色々と買ってきてくれました。

これで当分の間ティータイムのお菓子はバラエティ豊かになりそうです。

そして最大のお楽しみは地酒なのです。

2本買って来てくれたのですが、蓋のところが凝っている右のほうは左のお酒の倍のお値段だそうです。確かに飲み比べるとその差は歴然としておりました。

おつまみの刺身はソーダカツオで娘がスーパーで買って来たモノですが、流石に元魚河岸小僧の娘だけあってアブラの乗ったモノを買って来ました。これがまた、冷の清酒に合うんだよなぁ。グイグイといけちゃいます。

愚息は晩酌の時にいつもクダを巻く父親を小さい頃から、ずっと見てきたせいか勧めてもお酒は絶対呑みません。娘の方はかなりイケるようですが、、

ということで愚息抜きの3人でこの地酒を楽しく美味しくいただきました。旅行に一緒に行けなくとも、非常に楽しいひと時を過ごすことが出来きたのです。これはちょっとじゃなくてだいぶいいゾウ。


 - お土産