ちょっといいモノ

ちょっとウンチク、ちょっとこだわる

家内と娘のお土産(京都編 Part1)

   

ギャグ爺ィ(GG)とヘンな大学院生の愚息(HG)を放置して家内と娘が、この11月前半の連休を利用して紅葉の京都に出かけて行きました。娘がお土産は地酒を買ってくると言っていたし、留守の間の為に冷凍食品も冷蔵庫の冷凍室にたくさん入れおいてくれたのでおとなしくして、お土産を楽しみにしておりました。

ふたりが帰ってきたら、予想以上にお土産が沢山ありましたので、2回に分けてご報告いたします。

まず始めに御守りです。

私はいつも妄想にまみれて茫洋としているんですが、突然に清水の舞台から飛び降りちゃうような大胆なことを平気でしちゃうのを家内も娘もよく見ているので、買ってきてくれたのだと思います。

ありがたいことです。思い遣りをしかと受け止めてこの御守りをいつも身につけておこうと思います。

それから清水寺の参道で買ってきてくれた。七味とうがらし。

これは唐辛子というよりは鰻屋さんのテーブルに置いてある粉山椒くらいに山椒たっぷりでその薫りが素敵です。

 

Part2に続く、、


 - お土産