ちょっといいモノ

ちょっとウンチク、ちょっとこだわる

蒲田の甘納豆

      2018/10/08

高校の同窓生の面々がここ数年、私のひとつ上の先輩のお宅に集まって新年会を盛大に行なっております。年々パワーアップしているようですし、Facebookでその模様を見ていましたので今年は参加したのです。会場はその先輩のお店の奥にある甘納豆を作る作業場です。

蒲田の有名な甘納豆屋さんのお宅が会場ですので、新年会の帰りに家族にお土産に甘納豆を買って帰ろうと、もの凄く安易に思っておりました。ところが、、

50名近くが参加した新年会は参加できない方からの差し入れなどもたくさんありまして、こんなに誰が飲むんだと思っていたおびただしい数の缶ビール、清酒や焼酎の1升瓶、ワイン等々がすっかりと空になってしましました。

私も久し振りに参加した今はなき母校の同窓会でしたから先輩、同輩、後輩の方々と大いに語り、寮歌を何度も唄っているうちに勧められるままにグビグビと冷酒を煽り、二次会で近くのスナックでカラオケを唄っている間にすっかりヘロヘロになりました。

帰りの京浜急行の特急が品川止まりでしたので、寝ていて駅員さんに品川駅で起こされまして、そこで一度酔いがさめて無事に我が家まで帰り着きましたが、久し振りに痛飲してしまいました。

更にこの騒動ですっかり甘納豆を買うことを忘れてしまっていて、ずっとこのことが気になっていたんですわ。

このままでは年が明けて、また新年会になります。たまたま家内がこの連休明けに手土産を持参して行きたいところがあると言っていたので即座にお思いつきまして、そそくさと蒲田までやってきたんですよ。

毎日のようにFacebookでやり取りをさせてもらっているのでいきなりアポなしで押しかけても先輩は暖かく迎えてくれました。そしてお店のショーケースの裏の方に回るとそこには高校の同窓生の来店リストが貼ってありました。チラリと見ると私の同期が来店者数でダントツでしたのでスゲー爽快でしたわ。

(追記)
この新年会の模様は、タイミングよくこの後に取材にきたTV番組「出没!アド街ック天国」の蒲田編で蒲田の有名な甘納豆屋さんのご紹介の中で取り上げられました。そして新年会の集合写真もしっかりとオンエアーされました。右端の青いジャージのオッサンが甘納豆屋さんの店主の先輩で隣の赤いパーカーの胡散臭いオッサンが私なのです。


 - スウィーツ