gengen33の草ラグビー奮戦記

ボールを持ったらとにかく突っ込め!

シートを忘れてましたよ(190427 越中島グランド)

      2019/04/29

4月6日の練習の翌日に武惑(埼玉の不惑チーム)との春の定期戦がありました。私は時期尚早(じきしょうそう)と思いましたので今回試合はパスしました。その翌週は練習はお休み、そしてその次の週は海洋ラガーの春の山中湖合宿がありまして丸々3週間空いてしまいました。

日中は気温が20度を超える日が続いて膝の調子も良く、ここ数年は平日は午後からのお仕事なんで午前中は道楽のプログラミングのお勉強と筋トレやストレッチに励んで体調を整えていました。

前回の練習で主務の後藤さんに左膝にテーピングをしてもらったら練習中に違和感もなく練習の後にテープをとりましたらいつものガクガクした感じもなくシャワーを浴びた後に足取りも軽くアフターのモツ屋さんに行くことができ、帰りの地下鉄の改札までの下り階段も楽に降りれましたので、膝をガッチリと固定するサポーターを購入しておいたのです。

膝下に付いている2本のバンドを膝頭に巻きつけて上部にマジックテープで止めるようになっていて膝の靭帯をしっかりと固定することが出来る。

これで練習前の準備は万端です。ところが「万端」とは、「ある物事についての、全ての事柄」(大辞林) という意味であって、「完了」ではありませんよね。なんか1月に練習を始めてから物足りない感じがしていたのです。

この画像を見ていただくとわかると思いますが、今まではこのビニールシートを持参していませんでした。毎回着替える時に不便でしたが練習に行く時になると持っていくのを忘れていたのです。今回は丸々3週間も空いてしまいクローゼットの奥にしまっていたこのシートを取り出しておいたので「準備は万全!」になったのです。

40代に白パンツでプレーしていたときは試合の後に何処でも所構わずに酒盛りを始めていましたから嵩張りますが大きなブルーシートを、毎回持参しておりました。

東大正門前広場で車座になって

前置きが長くなりましたが平成最後の練習であります。昨日からガクンと寒くなり今日も小雨混じりの悪条件で折角のサポーターの効果も虚しく、練習の後半はまた左膝が動かなくなりました。最後のタッチフットは相手側に負傷者も出たのを此れ幸いと一緒に抜けて練習風景の撮影者になりました。よく練習や試合でご一緒する麻布多摩川クラブの有力メンバーで私の母校の後輩(都立秋川高校で私の下の弟と一緒にラグビー部にいた)の斎藤さんは溌剌(はつらつ)とプレーしていました。

寒さに全く耐性のない左膝のお陰でちょっと落ち込んだ今回の練習でしたが、アフターはいつものように楽しく定番のモツ屋さんと2軒目の立ち飲み屋さんで大ブレークいたしました。

抹茶ハイを2杯半とオツマミ多数で千円。まさにセンベロだわ。

 - 海洋ラガー, 赤パンツ(60代)