2018年 5月 の投稿一覧

ゆるゆるWeb講習所

このところ週6日ライスワークに従事していて月曜日を安息日にしています。いつもこの安息日にはお家に籠ってまったり過ごしているのですが、だらけてお昼寝したりして大体は何にもできないで一日が終わってしまいます。それはそれで気分もリフレッシュできていいのですが、時間は浪費していることになり勿体なく思うこともあるのです。

そこで、最近になって Facebook でやり取りを始めるようになった高校時代の同期生も月曜日は都合がいいようでしたので、我が家のリビングのテーブルを使って2人で勉強会をやることにしました。大げさに勉強会などといって構えてもどうせ続きそうもないから、缶ビールでも飲みながら1つテーマを決めてそれだけでもやっつけたら儲けものという方向にしました。

Facebook にはイベント作成機能もあって手軽に使えそうなのでメンバー2名限定イベントとしてついでに情報発信もしちゃいました。

事前に6本で495円とカクヤスな発泡酒と置いとくといつも愚息に食べられてしまう辛ラーメンのカップ麺とちょっとしたおつまみは買っておきました。

高校の同期生には朝の通勤ラッシュが終わってから来てもらうことにして10時スタートで家内や子供たちが帰ってくるまでということで18時終了にしました。

私は最近 Python というプログラミング言語のお勉強を初めたところなので、今日のテーマは “PythonフレームワークのDjango を自分のWINマシンでイヂって何とか使えるようになること” にしました。これは何となく出来るようになりました。

私は今は廃校になった都立の全寮制の高校を卒業しました。今日一緒にお勉強した同期生は在学中には親しく付き合ったわけではないのですが、3年間同じ空間を共有したお仲間ですので缶ビール片手に大いに話も盛り上がり途中でちゃちゃっとチャーハンを作り食べたりしながらあっという間に時間は過ぎていきました。

19時過ぎに家内が帰ってきたんで慌ててリビングのパソコンや本を片付けて、駅前のイタリアンのファミレスに移動してそこでもワインを飲みピザとパスタを食べながら色んなことを話しました。

楽しかったなぁ。また月曜日にはなんかイベント企画しよう。


3ステップでしっかり学ぶ Python入門

私はHTML5プロフェショナル試験のレベル1を取得してレベル2にチャレンジした時に、JavaScript のお勉強を始めました。道楽でホームページ作りを初めて20年近く経ちますが掲示板や更新情報で使っていたCGI や PHP はフリーのソースを引っ張ってきてコピペしてきたのでプログラム自体を体系的に勉強することはありませんでした。

このレベル2の試験は JavaScript やAPI そしてストレージや通信系が出題範囲で取得するのに2年以上かかってしまいました。プログラムに関しても “なんでイコールの右辺の値が上書きされるんだ” とか “オブジェクト指向??” といった感じで大学院で画像解析のお勉強をしていてプログラムにも詳しい愚息にメロンパンと辛ラーメンのカップ麺を買ってきてはご機嫌をとってしつこく質問してきたのです。

というわけで JavaScript に関しては脱入門者のレベルであると自負しているのです。

WEBアプリも自分で作れたら楽しそうですから Ruby とRuby on Rails にも手を付けたのですが、この度は Python の入門書も手に入れることができたのでこの本を使って Python のお勉強もスタートなのです。

Python もJavaScript と同じタイプのスクリプト言語ですので、第1章でPython の概略を押さえて、第2章で自分のパソコンに開発環境を準備して 編集ツールのVSCode の使い方をしっかりとマスターしたらそれ以降の演習は比較的に楽にスイスイと行うことができました。

文系の方やプログラミングを初めて学ぶ方でも本書は図解入りでよく出てくる用語も詳しく丁寧にわかりやすく説明してあるので学習もはかどると思います。各章の終わりには練習問題も掲載されておりますので理解もより深まると思います。またOSもWindows と macOS の両方ともPython を実行するための環境をインストールするための詳しい解説が掲載されています。

私もこの本が届いてから一気に半分くらい実際にVSCode でコードを叩きました。JavaScript とは同じスクリプト言語ですから、親和性があるので相違点をこの本のコードを叩いて押さえればより効果的に学べると思っています。

この本のコードを繰り返して叩いて、飽きたころにPython のWEBアプリケーションフレームワークのDjango の入門書が出版されてその本が届くのを楽しみに待つことにします。

だみだこりゃ(これは dummy です)

WordPressを使うとレスポンシブで見栄えのいいサイトがサクッとできます。私の場合はひと通り HTML5 のお勉強をして HTML5プロフェショナル認定資格レベル2HTML5スペシャリストといった資格も取得しましたし、週末に “HTML5を使ったWEBサイト作成の勉強会” のようなものをやってみようと思っています。

そこで HTML5や草ラグビーやブログのサイトは WordPress を使っていますが、gengen33ドットコムのTOPページは真っ白なキャンバスに今まで勉強してきたことを盛り込んだモノにしているのです。


gengen33ドットコム

少し前に HTML5のカリスマ先生のなかしまぁ師匠にお会いした時に Git を勧められました。私は兎に角突っ込む明るく素直でポジティブな性分なもので即座に検索して関連記事を読んだり SCHOO の授業を受けたりしました。最近はGUIツールも充実してきて Git も随分と使いやすくなってるようで、今更ながら私もgengen33ドットコムのTOPページの開発版の dummy を Gitで管理することにしました。

先ずはタイトルの画像を少し変えて header に入れてみました。

だみだこりゃ、、ナビリンクがタイトルの中に埋まってしまいました。そこでタイトルの部分を新しくsection を作ってナビリンクと分離してみました。

再びだみだこりゃ、、タイトルの画像を小さくしリピートして一つの塊にするアイデアはよかったのですがナビリンクと分離すると間延びしてだらけけてしまいましたよね。

こんな風にいつもドタバタと七転八倒しているので作業フォルダは日付を付加してリネームしたファイルでいっぱいになり、いつもどこまで直したかわからなくなり、ぼんくらな頭の中が余計に混乱しておりました。今回 GitHub Desktop を導入したので作業フォルダー( dummy )がスッキリしました。それにGitHub Desktop の画面は見やすくて画像の差分も表示されるのです。

このGitHub Desktop はコマンドを叩かなても直感的に作業が出来てお勧めなモノだと思います。

私はサイト上部のナビリンクをパソコン画面でもスマホ画面でも animation を使って折りたたむアコーディオン方式(ハンバーガーメニュー)に統一しようと思っています。あと何回かだみだこりゃ、、 とつぶやけばもう少し見栄えのいいサイトができるのだと思っております。