2018年 3月 の投稿一覧

七転八倒リスト 180331

早いものでもう今年も3か月過ぎてしまいました。私は相変わらずでボールを持ったらとにかく突っ込んで、七転八倒しております。自分の立ち位置と何処に向かっているかを見える化しておくために今日は “七転八倒リスト” を作ってみました。

    1. Azureを使ってSQLサーバーを立てて1行掲示板を作る
    2. HerokuでtDiaryをデプロイして以前の日記データーを移植する
    3. Monacaで足跡マップを作る
    4. javaScriptのゲームをPythonに移植する
    5. クラッシュしたMacbook Pro を直す
    6. セミナー(WEBチョー入門)のテキストにHTML5検定の内容を盛り込む
    7. GitHubを使いこなす
    8. FlashAir ⇒ Arduino に着手する

まず1のAzureですが前回 Rails を使って日記アプリを作ったのでついでに CodeZine の連載記事を参考に1行掲示板を作成しました。結果は、、


(Azure で作成した postgreSQL と Rails との連携がうまくいってないようです。)

2の heroku はアカウントを作成して tDiary をデプロイするところまではすんなりいきましたが、2009年頃までの日記データを移植するのが私には難しすぎて立ち往生しています。

4は JavaScript の本のコードをあらかた叩きましたが、 Python の本を購入してまだ Python の方は手付かずです。

各項目に同時進行で取り組んで、行き詰まったら他のことに手を付けて大胆かつテキトーに楽しみながらお勉強しようと思います。ブレークポイントやコンプリートした項目はその都度記事をアップする予定です。

さて来月は “一起き” 出来るといいですが、、


HTML5(スペシャリスト)検定

昨日仕事が終わり帰宅したら、HTML5(スペシャリスト)検定の認定証(アクリルフレーム)が届いておりました。

私は、2014年の夏にずっと趣味でやってきた個人のWEBサイトをスマホでも見れるようにしたくてHTML5のお勉強を始めました。その時にストアカという色々なセミナーを紹介していて気に入ったセミナーを受講できるサイトで中島さん(なかしまぁ師匠)のセミナーを見つけて面白そうだったので受講しました。お話を聞いて(私が20年前にインターネットを始めて初心者向けのパソコン雑誌の特集記事で見て作ったホームページの雛形はGeoCitiesのものでしたが)そのGeoCities Japanのコミュニティマネージャだったということがわかりつながりを感じ、親爺ぃギャグが好きそうなノリのいい方でもあったのでそれ以来勝手に “一番弟子” を名乗り各種イベントやFacebook等でご指導を受けているのです。

その中島さんがこの度、一般社団法人Web技術振興協会を立ち上げて第1回目のHTML5(スペシャリスト)検定試験を3月18日に実施したので “一番弟子”を勝手に名乗っている私もとにかく突っ込んだすぐさま受験したのです。最近は JavaScript や API のお勉強が中心で HTML や CSS のことは見落としがちでしたが HTML5 も昨年12月14日に HTML5.2 が勧告されて内容も変化しているので、復習も兼ねた試験勉強が最新の動向を知るいい機会にもなりました。

この試験はこれから年4回実施されるようですがアクリルフレームに入った認定証の右上の数字を見てもらうとわかるようにめでたく認定第1号となりましたので “一番弟子” の面目躍如といったところでしょうか、、

直情型で興味があると直ぐに飛びつくが飽きるのも早い私が未だに楽しくお勉強してるのは、最初に受講したなかしまぁ師匠のHTML5の講座(実はお笑いの高座だったのかも、、)が面白かったからで、それでここまで続けてこれたんだと思います。

日記アプリを作ってみた

”Ruby on Rails 超入門”を参考にして Rails で日記アプリを作成しました。

初めに新調したばかりの MacbookPro を使って作業を進めようと思いましたが、 Mac のPCを操作するのは今回が初めてだし、本書ではWindows のPCを使用しているので、Windows10のタブレットPCを使って作業を進めていきました。

第1章の導入編はすんなりと作業も進みました。第2章にはいりターミナルを使って rails のデフォルトのTOPページを表示させます。

この後にルーティング情報を追加するのに config/routes.rb に1行追加するのです。するとお決まりの”Hello,world!” が表示されるはずなのですが何度やってもエラーメッセージが出ます。

Railsも問題なく動いているようだし1行追加しただけなのでタイプミスもないはずなのでネットを検索してみると割とよく出くわすエラーのようで詳しい対処法の記事がありました。Rails がパスを正規表現で解釈するのが原因でその記事に書いてあるようにRails アプリのディレクトリ名を一旦違う名前に変更し、元の名前に戻したらうまく作動しました。

この初めの一歩の”Hello,world!” に躓きましたが、それ以降の第2章のコントローラー、第3章のビュー、第4章のデータベース、第5章のモデルとRails の基本のところは実際にターミナルを叩きながら、すんなりと理解することができました。

そして第6章以降はScaffolding 機能を利用したRails のWebアプリの作成です。本書では、図とソースが解りやすく表示されていて解説も丁寧でサクサクとWebアプリが出来上がっていきました。

最初のところで予期せぬエラーに悩まされて少しもたつきましたが、基礎の基礎のできていない私でもサクサクとRails の日記アプリを作ることができました。前回に本書をザックリと紹介したときに書きましたが、Ruby のWebアプリに関してはドットインストールのレッスンを参考にして開発環境を作りRuby をモノにしようとして途中で訳が分からなくなり、同様にCloud9 でも挫折し、Rails もWEB系の情報メディアサイトの連載記事をプリントアウトして実際にPCを叩きながら読みましたが理解できずでした。今回Ruby の挙動やRails のコマンドやその動かし方の基本が身に付き日記アプリを作ることができたのでもっと詳しく勉強し、他のmonacaやherokuと言った遣り掛けで放置してあるものも少しずつでもモノにしていきたいですわ。

本書に関しては引き続き、Ruby を使ったブログツールのtdiary のようなツッコミのできるコメント機能やテーマの作成・設置法、実際にレンタルサーバーへアップしての運用方法などの解説をした続編が出たらいいなと思います。

とにかくRuby を学び、Rails を動かしWebアプリを作ってみたい方へ本書はもの凄くお勧めの1冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

たった1日で基本が身に付く!Ruby on Rails超入門 [ 竹馬力 ]
価格:2224円(税込、送料無料) (2018/3/26時点)

 




Ruby on Rails 超入門

以前紹介した “JavaScript本格入門 ” の著者が監修した本が届きました。

2年前からHTML5プロフェショナル試験レベル2の取得のために勉強して(昨年12月何とか合格)、試験範囲のJavaScriptの脱初心者を目指し “JavaScript本格入門” を繰り返し読み、今でも逆引きして読んでいます。そして JavaScript のお勉強と並行して Ruby のお勉強をしていて Ruby on Rails もモノにしようとドットインストールのレッスンやネットの参考記事を元に自分のノートPCに開発環境を構築したりCloud9 を利用したりして、例によって “ボールを持ったらとにかく突っ込め” とばかりに七転八倒しましたが途中でどうしようもなくなって放置しておりましたので、今回タイミングよく同じ著者の監修の良い本が手に入ったので凄くワクワクしています。

1ヶ月前に Macbook PRO を入手して、何か試運転にいい獲物はないかなと物色していたので、タイミングよく届いた “Ruby on Rails 超入門” を読みながらポツポツMacbook PRO を叩こうと思います。