Androidアプリ開発

はじめてのAndroidアプリ開発

HTML5のお勉強をひと通りやって、更に発展させてAndroidアプリ開発に興味を持つようになりました。そこでAndroidアプリ開発の入門書を数冊読んで Kotlin というJava のライブラリを利用できかつJVM(Java仮想マシン)で動作するプログラミング言語を使い Android Studio で編集して簡単なAndroidアプリのサンプルコードを叩いてAndroidタブレットにそのアプリをインストールして学んでいます。

本書(はじめてのAndroidアプリ開発)はAndroidアプリを開発して実行するのに必要なIDE(綜合開発環境)のAndroid Studio の操作法を600ページを超えるボリュームで詳しく解説しています。

まだAndroidアプリの構造を押さえビュー開発の途中のところで停滞中なのですが、Java とKotlinを同時進行で学びながらこの本のサンプルコードを叩いてこの後に控えているデータベースの連携、センサー等のハードウェアとの連携そしてアプリ公開までの実践応用力をしっかり身につけて行きたいものです。(本書ではプログラミング言語はJava を使用しています。)

じっくりと説明を読みながら本質を理解していくのに最適な本だと思います。今年一杯この1冊にかかりきりになっても最後まで行き着かないかもしれないのですがこのところ毎日ワクワクしながらこの本を片手にコードを叩いております。

データベースの連携のところまで進んだらまた報告しようと思っています。

朝が来ない、、

BOOKの方で紹介しておりますが、Androidアプリの入門書を読みまして MacBookPro に開発環境を仕込みポツポツとKotlin と Android Studio をいぢっておみくじアプリをサラッと作れて Android のタブレットにこのおみくじアプリを入れることができました。

これはいいやと2冊ほど Androidアプリ開発の本を入手しまして空いた時間に MacBookPro に向かっているのです。いざ着手してみたらなかなか思うようにいかないで、また七転八倒が始まってしまいました。

はじめにやってみたのは3ヶ国語で朝、昼、夜の挨拶を表示するアプリなんですがなんか日本語で “朝” がやってこないんですよね。

まあこの2冊で合わせて10数種類のサンプルアプリが掲載されていますのでコケたら次のアプリに手を付けてひとまわりかふたまわりくらいすれば自分でオリジナルのアプリを作れそうで、なんかもうワクワクしてきましたよ。

明けない夜はない。必ず朝はやって来るのだ。(ですよね〜)