アプリ開発

PHPマイクロフレームワークSlim Webアプリケーション開発

先日チラリと書いたのですが、Slim(PHPのフレームワーク)の解説本というのはこの本です。

PHPマイクロフレームワーク Slim Webアプリケーション開発

新品価格
¥3,960から
(2020/6/27 09:23時点)

PHPは、20年前にホームページ作りを始めて自分で更新情報や掲示板を設置する際にPHPのフリーの素材をネット上で探してきてマルッとコピペしてタイトルやデフォルトの設定の部分だけ見様見真似(みようみまね)で置き換えて使っていました。

当時はどうして動くかとか全く気にしなかったのですが、この歳になってから恐れ多くも自分で一から作ろうと思うようになるとは思って見ませんでした。

本書では最初に開発環境の雛形のXAMPPを導入して Slimアプリを動かしてブラウザで表示させるいわゆる “Hello World!” から学習を始めます。順を追ってコード叩いてブラウザ上に課題を表示させていきましたがタイプミスが多くて上手く表示できないことが多々ありました。そんな時には本書の付録のサンプルのコードも動かし比較したりしてこの前半部分の学習も結構時間が掛かりました。

この基本編を終えて実践準備編に入ると実際の Slimアプリ作りに必要なバージョン管理システムの “GitHub” や “仮想環境” 、そしてインターネット上で Slimアプリを実行させるためのサービスの “Heroku” を1章ごとにわかりやすく丁寧に解説してあります。

私は WEBアプリやAndroidのスマホや iPhoneで動かすアプリを作り始めてからこの”GitHub” や “仮想環境” 、 “Heroku” を別個にネット上の解説記事やドットインストールのようなプログラミング学習動画を参考にして自分のパソコンに取り込んでおりました。けれども、どれもやりかけで思いついた時に別個に着手しては挫折してほったらかしにしていたのです。

今回は順番に手持ちの MacBook PRO に仕込んでいきました。おかげでアプリ作りの開発環境も随分とすっきり整えることができました。それからコーディング用のエディタは本書のお勧めの物を使いましたらターミナルも同時に動かせるし該当フォルダまで移動する手間が省けて便利でしたのでこれも私の定番になりました。

そして最後の実践編ではこの Slimアプリのキモのデータベース関連のお勉強です。ここをしっかり押さえれば会員用サイトやお仲間用のサイトも自分で作れちゃいますよね。

今この部分を学習中なのですが、どうも仮想環境を操作する “Vagrant” というツールが曲者です。これは仮想環境を自動化する便利なツールなんですがコイツに振り回されてエラーを重ねているのです。 仮想環境はそれこそいくらでも作れるのですが毎回データベースを作成して連動させるこの Slimアプリのキモのところに差し掛かると躓いてコケてしまいます。

最近、再再々復帰してまた始めた赤パンラグビーでもそうなんですが、私のプレースタイルはボールを持ったらとにかく突っ込んで、挫折してもメゲずにすぐリロードして何度もトライをとるまで続けることなんで、マッタリそしてじっくりとこのひと時を楽しんで行こうと思っております。

エラー出しまくりコケまくりで本も手垢に塗れ(まみれ)てきました。

WEB力が向上中

Slim(PHPのフレームワーク)の解説本を入手しました。近日中にこの本の書評を書く予定です。この解説本が初めにXAMPPを使ってSlim を動かして基本を押さえて後半部分で実際に自分のパソコンに仮想環境を構築してSlimアプリを詳しく学ぶようになっております。

私は2年前にMacBook Pro を購入してからWEB記事やSchoo とかドットインストールのようなオンライン講習を参考にして、GitHubとかHeroku とかを別個に取り込んでは途中で上手くいかなくなって放置していたのです。

今回はXAMPPという開発環境の雛形のようなものを使ってアプリ開発の基礎を押さえてからGitHubやHerokuを導入していくので、途中で何がなんだか分からなくなり放置することもなく、インストールしてやりかけだった VirtualBox も最新版を再インストールして Vagrant を使って動かせるようになりました。

草ラグビーと一緒で私のWEB力も質よりも量という感じで2年間にわたってコードを叩きまくりましたからMacBook のキーボードもAキーの文字が掠れてしまいました。

”ボールを持ったらとにかく突っ込む”

楽しいのでガンガン行きますか。

続 React を始めます

コードを打ち込み時のタイプミスが多く React のお勉強を兼ねた Todo アプリ “妄想中” の Material-UI 化はなかなか実現しませんでした。

何回もコード見直して単純なスペルミスや CamelCase記法の変数 / 関数名のつながった単語のつなぎ目を大文字にしていないミス等々を訂正していて、ようやくプロジェクトフォルダの src/registerServiceWorker.js が、私が create-react-app を実行して作成したアプリの雛形では 、src/serviceWorker.js になっている事に気がつきました。

そこで src/index.js のコードの registerServiceWorker を呼び込んでいるこの import文を書き直して import registerServiceWorker from ‘./registerServiceWorker’;  から import * as serviceWorker from ‘./serviceWorker’;  と変更しましたらスッキリとマテリアルデザインの画面が表示されました。 

いつものように七転八倒して苦しみましたが React の独自の記法(JSX)や仮想 DOMの概念などの React の本質の部分をチョッピリと理解したかもしれせん。

それから ”React の Todoアプリ” で検索してたら下記のような記事を見つけましたので、ついでにコチラも実際にコードを叩いて create-react-app を実行して動かしてみて ”妄想中−改” として表示してみました。

ReactでシンプルなTodoアプリケーションを作成する

さて次はスマホでもこのアプリを動かせるように ”Cordova” というモバイルアプリケーション開発フレームワークのお勉強を始めようと思います。

React を始めます

React というのは複雑な UIUser Interface/ユーザーインタフェース)を作るのが得意なフレームワークということです。

私もMacBook PRO のターミナルのコマンド叩きにもようやく慣れてきましたので、Kindle の読み放題サービス『Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)』の10冊の中に React や React Native 関連の本を仕込んで React のお勉強を始めました。

ReactでTodoアプリを作ってみよう

数冊 React 関連本を読んでみてこの本が分かりやすかったので、この本を参考にして、”妄想中” という Todo アプリを作って見ました。

タブレットで このKindle 本を見ながらポツリポツリとターミナルと Visual Studio Code を叩きまくってプレーンな画面はできたのですが、リッチな表現の UI はなかなか作ることができないのです。

コードを打ち込んでいる時のタイプミスが主なエラーの原因ではありますが、React の独自の記法(JSX)や仮想 DOMの概念などの React の本質の部分を理解しないと先には進めないようです。

ネットで調べて見たらコチラの記事が見易くて随分と参考になりましたので紹介します。

初めてのReact「入門編」導入から基本まで〜TODOアプリを作ってを学ぼう!

次回はUI コンポーネントを使って、スカッとした見栄えのいい画面のTodo アプリ “妄想中” を披露したいと思っております。

足跡マップ(WEBアプリ)

WEBアプリ、Androidアプリ、iPhoneアプリとひと通りアプリを作れるようになりました。これからも書籍やWEB記事で面白そうなアプリのサンプルを見つけましたらどんどんマネして作ってコチラで紹介しようと思います。

今回は以前紹介した 書籍の “HTML5超入門” に掲載されていたWEBアプリのサンプルプログラムを利用して、手持ちのスマホのホームボタンに追加して現在地の地図を表示させてメモを添えて足跡として登録できる “足跡マップ” を仕込んでみました。

“現在位置に足跡を登録する” をタップすると入力フォームが表示されて保存するとそのディバイス(端末)にストレージデータとして保存されます。そして地図に出てきたマーカーをタップすると保存したメモの内容が表示されるのです。これなら徘徊した時にお気に入りの場所を足跡として残せますよね。

今回も紹介したこの “HTML5超入門” では、手書きのメモも同時に保存して表示できる機能も解説しています。これを発展させてその場で撮影した画像を保存して表示できるようにしたら最強の徘徊補助アプリになりますねぇ。

iPhoneアプリ超入門

5年前に自分のサイトをスマホでも見れるようにしようとHTML5のお勉強を始めました。HTML → CSS → JavaScript と順に勉強していき動きのあるWEBサイトを自由に作れるようになりました。

最近では欲が出てきて、もう少し先に進みスマホのアプリも自分で作ってみたくなりまして、昨年の夏くらいから Java や Kotlin といったAndroidアプリ開発言語を学び、アプリの統合開発環境「Android Studio」を使ってサンプルコードをいくつも叩いて実際に Androidタブレットにアプリをインストールしていました。

この度「iPhoneアプリ超入門」という iPhoneアプリの入門書を入手しました。数年前に購入した MacBook Pro もようやく使いこなせるようになりましたし、いい機会なので本書に掲載されているゲームアプリを作りながら勉強しました。

いつも書籍のカバーはすぐに外して保管して本体はボロボロになるまで読んでおります。

タイプミスが多くて(ポツポツと五月雨みたいなタイピングで全く進歩しない)結構な時間が掛かりました。しかしながら本書「iPhoneアプリ超入門」が Xcode 起動からGUIやコードでの編集、開発言語の Swift の基本、アプリの画面の作成、画面推移の実装、クイズアプリのクイズの表示や回答そして正解のスコア管理と順を追ってわかりやすく説明されていて Xcode のシュミレーターでサンプルのクイズアプリを動かすことができました。

アプリの開発言語は、Android と iPhone では異なりますがどれも同じスクリプト言語ですから、JavaScrpt でも Ruby でも Python でも何かひとつスクリプト言語をキッチリ勉強しとけばなんとかなりそうです。(私の印象です。テキトーなんであまり参考にはなりませんよね)

それから面白いので自分の運営してるサイトを題材にアレンジして、このクイズアプリを改造してみました。

全部で5問作りました。全問正解の方はかなりのgengen33通ですね。

Mac のパソコンをお持ちで iPhoneアプリに興味があり実際に作ってみたい方にこの「iPhoneアプリ超入門」はお薦めの入門書です。

ゲームは動かせるようになって来ましたよ。

昨年の夏あたりから Androidアプリ関連の書籍を入手してコツコツポツポツとパソコンのキーボードを叩いています。

書籍にあるゲーム類のサンプルプログラムは入力してプログラムの動きを理解することができるようになりました。

今はみんなスマホを持っているから、此処から発展させて試合会場や練習するグランドの地図を表示させたり草ラグビーのチームのメンバーで使える連絡メモなんかのアプリを作りたいですねぇ。

Androidアプリの基本のところは押さえたんで今度は iPhoneアプリのお勉強にも着手したいものです。

はじめてのAndroidアプリ開発

HTML5のお勉強をひと通りやって、更に発展させてAndroidアプリ開発に興味を持つようになりました。そこでAndroidアプリ開発の入門書を数冊読んで Kotlin というJava のライブラリを利用できかつJVM(Java仮想マシン)で動作するプログラミング言語を使い Android Studio で編集して簡単なAndroidアプリのサンプルコードを叩いてAndroidタブレットにそのアプリをインストールして学んでいます。

本書(はじめてのAndroidアプリ開発)はAndroidアプリを開発して実行するのに必要なIDE(綜合開発環境)のAndroid Studio の操作法を600ページを超えるボリュームで詳しく解説しています。

まだAndroidアプリの構造を押さえビュー開発の途中のところで停滞中なのですが、Java とKotlinを同時進行で学びながらこの本のサンプルコードを叩いてこの後に控えているデータベースの連携、センサー等のハードウェアとの連携そしてアプリ公開までの実践応用力をしっかり身につけて行きたいものです。(本書ではプログラミング言語はJava を使用しています。)

じっくりと説明を読みながら本質を理解していくのに最適な本だと思います。今年一杯この1冊にかかりきりになっても最後まで行き着かないかもしれないのですがこのところ毎日ワクワクしながらこの本を片手にコードを叩いております。

データベースの連携のところまで進んだらまた報告しようと思っています。

朝が来ない、、

BOOKの方で紹介しておりますが、Androidアプリの入門書を読みまして MacBookPro に開発環境を仕込みポツポツとKotlin と Android Studio をいぢっておみくじアプリをサラッと作れて Android のタブレットにこのおみくじアプリを入れることができました。

これはいいやと2冊ほど Androidアプリ開発の本を入手しまして空いた時間に MacBookPro に向かっているのです。いざ着手してみたらなかなか思うようにいかないで、また七転八倒が始まってしまいました。

はじめにやってみたのは3ヶ国語で朝、昼、夜の挨拶を表示するアプリなんですがなんか日本語で “朝” がやってこないんですよね。

まあこの2冊で合わせて10数種類のサンプルアプリが掲載されていますのでコケたら次のアプリに手を付けてひとまわりかふたまわりくらいすれば自分でオリジナルのアプリを作れそうで、なんかもうワクワクしてきましたよ。

明けない夜はない。必ず朝はやって来るのだ。(ですよね〜)