HTML5講習所

七転八倒(&&)四苦八苦、でも楽しい

これから学ぶJavaScript

      2018/07/24

私は4年前に自分のホームページをスマホでも見れるようにしたくてHTMLとCSSのお勉強を始めました。いい目標になるのでHTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1を受験しました。この試験をクリアーしてサクッとスマホでも見れるレスポンシブなサイトを作れるようになった時に欲が出て来てさらに動きのあるサイトを作るべくJavaScriptのお勉強を始めました。

先ほどあげた試験のひとつ上のHTML5プロフェッショナル認定資格 レベル2がまさにこの道しるべになるので、このレベル2の試験をクリアーしようと受験用のテキストを購入してお勉強を始めました。ホームページを開設した当初から掲示板や更新情報を設置するためにこれらのフリーのソースをWEB上からコピーして来てWEBの解説記事を参考にして動かしていたのですがプログラム自体には興味がなくどんな風に動いているのかも全く関心なく済ませていました。従いましてプログラムに関しては何も分からずにJavaScriptもその言語を ‘基本のキ’ のところから学ばなければならず受験用のテキストとは別に何冊かJavaScript自体の解説書も購入してレベル2の試験をクリアーするまで何度も読み込みました。

前置きがずいぶん長くなりましたが、本書はWEB開発に興味を持ち、勉強を始めた方が先ず手にするのに最適な1冊だと思います。プログラミングは実際にソースコードを叩いて(入力して)ブラウザ上でその動く様子を確認して色々と値を変えて検証して見る事が必要不可欠だと思います。(腕立て伏せやスクワットを繰り返す単調な練習だけでなく試合に出て実際の動きを確認するイメージ)

本書はわかり易く詳しく書かれた解説を読んで背景を頭に入れて登場人物と一緒になり実際にサンプルコードを入力し、ブラウザを作動させて基本文法から演算処理、条件分岐、関数、オブジェクト指向そして簡単なアプリ作成までを順を追って身につけていくようになっています。

JavaScriptの ‘基本の キ’ のところを身につけるために最適な1冊だと思います。

◉変数宣言について(追記180724)
本書では変数宣言はletを使用しています。私は未だに馴染みのあるvarを使っておりますが、いい機会ですから本書のサンプルや関連する書籍でしっかりとその違いを理解して、let宣言を積極的に使うことにします。

 


 - BOOK