赤パン33ドットコム

ボールを持ったらとにかく突っ込め!

水大ラガー誌

      2020/01/03

私はトーナメント戦は準決勝の2試合が一番濃く、面白いと思っています。そして正月2日は正午の15分間のニュースの後に放映されるラグビー学生選手権の準決勝2試合をリビングでテレビに齧り付いて見ることにしています。

今年はテーブルに手元にある水大ラガー誌(母校のラグビー部のOB会誌)を全部並べてテレビを見ながら1日中読んでいました。

2号から10号までと監督の越川先生の追悼誌

創刊号は私が卒業して2年後に刊行されました。手作りのモノで痛みが激しく5年程前に当時の旧式のプリンターでスキャンしてPDFファイルにしておりましたが今回はこれもプリントアウトしてみました。

今だったらスマホで撮っても結構鮮明かもしれませんが、残念ながらスキャンしたときは解像度も良くなくてプリントアウトした記事は読みづらいですが、監督の越川先生とコーチの小谷先生それからOB有志と在校生たちの熱い想いが溢れています。

巻末には私が在籍していた頃の春秋シーズンの公式戦の記録も掲載されてまして、ちゃっかり出た試合のトライしたところには星のマークを書き込んでおりました。

11個のお星さまと練習開始のランパスで足腰が立たなくなるくらい消耗して、情けなく憂鬱だった新入生時代がとても懐かしく、鮮やかに脳裏に蘇って来ましたよ。

 - 水大ラグビー部