赤パン33ドットコム

ボールを持ったらとにかく突っ込め!

さよならRWC2019(191102 越中島グランド)

      2019/11/17

先週は前日の大雨の影響でグランドコンディション不良のために練習は中止になり晴天の1日をのんびり自宅で過ごしました。これには裏話がありまして、実は当日は非常にいい天気でしたので疑うことなく、私はいそいそと練習に参加するために越中島グランドに向かっておりました。

そして地下鉄の門前仲町駅で改札を出る前にたまたまトイレでメールを見ていて練習がグランドコンディション不良のために中止になったことを知ったのです。そして通勤定期を持ってるんでこのまま引き返せばすんなり自宅に戻れるのでこっそり帰宅したのです。

今日越中島グランドに来て練習前にメンバーと雑談していたら、先週の土曜日にやはり海洋ラガーのメンバーが半信半疑で越中島グランドに来ていてそのうちの3人は練習をしたとのことでした。

そしてその罪つくりな先週の大雨や台風19号の影響で友好関係のある麻布多摩川クラブのメンバーが練習をしている多摩川の鵜の木グランドは水没して汚水が溜まり当分使用できないとのことで、本日の練習には麻布多摩川クラブのメンバーの皆さんも多数参加してくださいました。

素早いパス回しとかパスの練習も工夫次第ですよね。

RWC(ラグビーワルードカップ)の試合をスタンドで観戦してきたメンバーが試合前の練習で各国のチームがやっていたことを早速いろいろと取り入れてパスの練習などを実際にやってみました。それから先ほども書きましたが後半の練習では麻布多摩川クラブのメンバーの参加もあって40人以上で3組に別れて1組は単独で残りの2組はアタック側とディフェンス側に分かれて、バックスとフォワードでほぼフルメンバーでフォーメーションの練習ができました。

アタック側もディフェンス側も共にフルメンバーの練習は壮観です。

私も春先は10年のブランクもあり脚の筋肉がすっかり落ちていて後半のフォーメンションの練習になると左膝が動かなくなり脚を引きずって走ってましたが、最近はずいぶんと練習についていけるようになっています。

この頃は暇さえあれば自宅のベランダで1本歯の下駄を履いてスクワットをやったり、週に最低2日は河川敷の直線距離で550mある緑地にいってスパイクに履き替えてしっかり四股を踏んでから数往復走っているので膝の動きをカバーする脚の筋肉も戻りつつあるようです。

ただポイントに素早く行こうとトップギアに入れたつもりが全然加速しなくてどんどん次の展開に局面は移っていて常に周回遅れのような感じで非常にもどかしいところがあるのです。まあ10年も放置して芯までサビだらけだった体のやっと表面のサビだけ取れた状態ですから、ピークはこれからやってくることを信じて前に進むことにしますわ。(相変わらずポジティブだけどテキトー)

そして練習を終えてシャワーの後はお楽しみの門仲のモツ屋さんの呑みです。

画像は取り損ねましたがおつまみのレバー1号と2号がスゲー美味いのです。

ちっちゃな金属製のゴブレットで飲むキンキンに冷えたビールとそれに続くピッチャーハイボールとピッチャーに並々注いだキンミヤ焼酎の水割り、、これらを美味しく呑むために一生懸命に走ってるのかもしれません。

今日は麻布多摩川クラブの若いメンバーの皆さんと呑んだので気分は高揚し20代のオールバッカスというチームにいた頃の自分に戻れたような気がしました。

そしてRWC2019の決勝戦のキックオフの数分前に、越中島グランドの練習でヘロヘロ、門仲のモツ屋でベロベロになりながらもなんとか自宅のテレビの前に辿り着くことができたのでした。

しっかり優勝したSA(南アフリカ)のジャージをきてTV観戦したのです。

 - 海洋ラガー, 赤パンツ(60代)